血流促進で間接的なペニス増大

ペニス増大サプリに定番として含まれているシトルリンは、スイカの種などに多く含まれている成分です。日常的な食事で十分量を摂取するのは難しいので、ペニス増大サプリで摂る方法は適しています。しかしそのシトルリンの名前は知っていても、本当の働きを知らない人も多いのではないでしょうか。
ペニス増大サプリにおけるシトルリンの主だった働きは、一酸化窒素を生み出すことです。

一酸化窒素は血管の筋肉を緩ませる働きがあり、血管を広げやすくすることで間接的に血流を促進します。そしてあくまでも食品のレベルで悪影響にはなりづらいため、安全性も比較的高めだという強みもあります。

そもそもペニス増大サプリで期待できる効果が血流の改善で、ペニス全体にしっかりと血液が行き渡るようにサポートすることで増大を図ることです。シトルリンの本当の働きがその目的にしっかり合っているため、積極的に使用されているというわけです。

アルギニンとの関係性

ペニス増大サプリにシトルリンとほぼ必ず一緒に配合されているのは、アルギニンです。シトルリンと同様に一酸化炭素を生み出し血流を促す働きがあると共に、成長ホルモンの分泌を促進させる効果も期待できます。ペニスには血流をしっかりせき止めたり、ポンプの役割を果たす筋肉が関係していますが、その成長を手助けするわけです。

さらにシトルリンは体内でアルギニンに変化するという性質があり、こちらがシトルリンが持っている本当の効果と言っても過言ではありません。ひとつの成分でありながら、2種類分の効果が期待できます。ペニス増大サプリでシトルリンのみが配合されているものはあまりないですが、どちらかを選ばなければならないとすればシトルリンの方が優先されるほどです。

もちろんアルギニンと組み合わせた方がより血中濃度を高めやすいので、可能であれば両方を選ぶに越したことはありません。比率の目安としては、アルギニンの方が吸収されにくいので多めになります。

まとめ

ペニス増大サプリに含まれているシトルリンが、本当に効果があるのかどうか疑問に思っている人も少なくないでしょう。もちろんあくまでも食事に分類されるサプリなので、驚くほどの変化が起こるわけではありません。

しかし一定量を継続的に摂取していると、全く効果が得られないことはないはずです。実感できるほどの効果を出すためには、1日の摂取量や飲むタイミングを考えて、より効率的に本当の働きを引き出すことが大切です。