学生時代にロンドンの郊外にあるミルトン・キーンズというところで
夏休みの1ヶ月ほどホームステイをしていた時の事ですが、
ホームステイ先には、立派な薪ストーブがありまして、
冬に備えて薪ストーブの煙突工事をしていました。
いやぁ、滅多にみることの出来ない作業で数時間くらい工事をしていたのですが、
ずっと見てみました。
ホストファミリーにしたら、そこまで珍しい事ではないので、
煙突工事に興味を持ったことにやたら不思議がられました。
いやぁ、一般的な日本人なら、薪ストーブのある家で生活してないので、
このリアクションは当たり前なんですが・・・

東南アジアに一人旅がしたくなり、計画を立案。
バンコクinの陸路でカンボジアinしてシェムリアップでアンコールワット見て
陸路&ボードでプノンペン・・・そしてベトナム入って
ニャチャンとかでリゾートも味わい、気合でラオスin!!
という計画だったのですが、どうキリキリに詰めても足りない。金が・・・
ってココで、妙案!過払い金をアコムさんに請求して
それで金をゲットしよ~っていう案。
って事で旅の準備の前に、色々調べなきゃいけないことが増えてしまった。。。

先日、箱根に一人旅に出かけました。
旅行の醍醐味は温泉!と考えるわたくしは、箱根中の温泉につかろうと考え、
温泉街のど真ん中の旅館に泊まることにしました。
食事は部屋で食べるタイプで、味もなかなか、
心ゆくまで温泉につかれて幸せを感じていたのも束の間、なんとトイレのつまりにあったんです。
21時を過ぎての修理で業者さんも大変でしたが、
何かちょっとついてないなーと思わなくもない箱根旅行(一人旅)でした。

コマーシャルフォトを撮ることを仕事としている関係もあり、
NYに看板デザインを見に、定期的に一人旅をしている。
今回も仕事の一環としての旅行ではあるが、若いころの自分を思い出すため、
格安の航空券のみを準備し、あとは現地に着いてからにしようと思う。
10代のころにバックパッカーとして旅したアメリカは衝撃の連続だった。
アメリカンドリームを夢見るよりも、日本でいっぱしのカメラマンになりたいと
決意できた思い出である。