バックパッカーなんて事を日常的にしていると、結構な率で親に呆れられるみたいです。
そんなわたしも然りなんですけど、母親が「あんた私たちが死んだらこの土地どうするのよっ?」
なんて聞いてくるのですが、なかなか国内外問わず一カ所に定住できない気質で、
とりあえず「土地の相続は、司法書士先生にお任せします!」
なんて適当に返している常日頃です。
自分でも適当な事だと思うのですけど、地元だけが自分ちの土地っていうより、
世界中が自分の土地って考えをしてしまうのですよね。
ま、実際そうなら相続は大変だ。

ガンジス河でバタフライが出来なかったのでクロールをした友人を知っています。
結婚前にと!休みを取ってリュック一つでインドへと。
インドでは基本、水道水が無料らしいんですが、
先日うちの水道から水漏れが出た時に彼は
「安心しろ、どうせ無料だ。そのままでも心配ない」とか言いました。
おーい、ここ日本だぞぉ!どんどん料金がぁ!という事で、業者を呼んで直してもらいました。
彼曰く洒落ではなく「時差ボケ」らしいです…。

先日都内の某レンタルスタジオで、日本中の…大げさ(-_-;)…
バックパッカーが集まるイベントがあったんですよ~。
いや、ただ単に全国から知り合いが集まって情報交換をしただけなのですが、
会費制にしてケータリングも頼んだし、
マイクやプロジェクターも設置してなかなかの会だったと思います。
この様子は後日レポートにしてお知らせしようと思いますが、
現在の海外各地の事情だったり、かなり参考になると思います。

知人が30万~40万で3週間かけてヨーロッパの都市を巡る旅を計画しています。
彼はアジア方面のバックパック旅行については、かなり詳しくブログで紹介しています。
持ち物リストなんかはご丁寧に重量や価格まで記載しており、非常にわかりやすいです。
今後はヨーロッパ方面を攻めるそうですが、もう少しバイトを続けないといけないようですね。
今はオンデマンド印刷の会社で働いているそうです。
8月を避けて行くそうで、帰ってきたらバックパッカー旅行記の紹介をここでしますね。

ちょうど近くにいい雰囲気の公園があるので、
一眼レフカメラの使い方講座をやって欲しいと友人に誘われたので、
先日の休みに友人の家の近くまで、カメラを持って行ってきました。
井之頭病院を目指して向かっていると、ちょうど散歩によい公園がありました。
友人に電話してみたら、まさしくこの公園だったようで、
しばらくして、カメラ片手に友人が現れました。
1時間程度、説明しながらカメラを構えてみて、
いい写真が撮れたし、近くにある居酒屋でごちになってきましたよ。

私は年に数回、国内・海外含め一人で旅行に行きますが、
前回のインドネシア一人旅では面白い方に遭遇しました!
ホテルに荷物を置き、町を散策していたら、屋台が見つかり、
どんな食べ物があるか覗いてみたら、
売っていた方の洋服がボロボロなことにもビックリしましたが、
屋台そのものが相当傷んでいました。
よく見ると屋台でアルミホイールを修理しながら店番もやっていたようです。
どうりで洋服が汚い訳だと一人で納得しました。

初めての海外旅行や一人旅ではトラブルやハプニングがつきものです。
特に気を付けて頂きたいのが、トイレです。
日本のトイレに慣れている方からは想像もできないような、
汚い所や水漏れやつまりが発生しているトイレなんて珍しくありません。
慌ててトイレに駆け込んだら…なんてならないよう
しっかりとチェックしてからご利用ください。
むしろトイレの水漏れ問題がなければ、海外旅行は刺激が多くて快適です!

先日とあるセミナーに参加する為に、恵比寿のセミナールームに伺いました。
ただし、当日は台風の影響で電車が遅延していたため、
多くの受講者が開始時間に間に合わない状況でした。
参加者が半分集まるまでは開始しないということになりましたので、
開始されるまで一緒に受講した同期に、旅行の提案をしました。
同期ながら、なかなかプライベートで遊ぶ時間がなかったので、
良いきっかけが出来てラッキーでした!

こないだのインド旅行は大変でした…。
初めて一人旅に出掛けたのですが、予想以上に暑くバッグにはペットボトルを3本入れて
準備万端にしていったつもりが、ペットボトルの蓋が外れていたようで、
歩きながら水漏れしていたようです(泣)
汗だくになっており、水もぬるかったせいか背中を水が通過しても気づかず、
気が付いた時はあと僅かに…
大事を取ってその日は途中でUターンしてきました!
あそこまで暑くて水が無ければ危険ですからね。

学生時代にロンドンの郊外にあるミルトン・キーンズというところで
夏休みの1ヶ月ほどホームステイをしていた時の事ですが、
ホームステイ先には、立派な薪ストーブがありまして、
冬に備えて薪ストーブの煙突工事をしていました。
いやぁ、滅多にみることの出来ない作業で数時間くらい工事をしていたのですが、
ずっと見てみました。
ホストファミリーにしたら、そこまで珍しい事ではないので、
煙突工事に興味を持ったことにやたら不思議がられました。
いやぁ、一般的な日本人なら、薪ストーブのある家で生活してないので、
このリアクションは当たり前なんですが・・・

東南アジアに一人旅がしたくなり、計画を立案。
バンコクinの陸路でカンボジアinしてシェムリアップでアンコールワット見て
陸路&ボードでプノンペン・・・そしてベトナム入って
ニャチャンとかでリゾートも味わい、気合でラオスin!!
という計画だったのですが、どうキリキリに詰めても足りない。金が・・・
ってココで、妙案!過払い金をアコムさんに請求して
それで金をゲットしよ~っていう案。
って事で旅の準備の前に、色々調べなきゃいけないことが増えてしまった。。。

先日、箱根に一人旅に出かけました。
旅行の醍醐味は温泉!と考えるわたくしは、箱根中の温泉につかろうと考え、
温泉街のど真ん中の旅館に泊まることにしました。
食事は部屋で食べるタイプで、味もなかなか、
心ゆくまで温泉につかれて幸せを感じていたのも束の間、なんとトイレのつまりにあったんです。
21時を過ぎての修理で業者さんも大変でしたが、
何かちょっとついてないなーと思わなくもない箱根旅行(一人旅)でした。

コマーシャルフォトを撮ることを仕事としている関係もあり、
NYに看板デザインを見に、定期的に一人旅をしている。
今回も仕事の一環としての旅行ではあるが、若いころの自分を思い出すため、
格安の航空券のみを準備し、あとは現地に着いてからにしようと思う。
10代のころにバックパッカーとして旅したアメリカは衝撃の連続だった。
アメリカンドリームを夢見るよりも、日本でいっぱしのカメラマンになりたいと
決意できた思い出である。

カンボジアを一人旅しているとき、アンコールワットのあるシェムリアップという街で
宿をとり、飯でも食べに行こうと町(そうとう狭いですが)にくりだした時、
屋台とかのご飯を見て、何かあんまり食欲をそそるものがなかったんですね。
ちょっとフラフラしてると、センスの良いウェルカムボードが店先に出ている
レストランが、CHINESE FOODの文字が。
タイ飯とかにも飽きていたので、中華もイイかなって事で店に入りました。
店に入ってみるとセンスの良いウェルカムボードとかマ逆な店舗。
何て言ったらいいんですかね、形容しがたいのですが、
んまぁ、飯はそこそこだったのでイイのですが・・・